送出機関

SERVICE

カンボジア、ベトナム、ミャンマー、インドネシアの外国人技能実習生送出機関に関する情報をまとめました。

送出機関一覧

送出機関のチェックポイント

ポイント1実績

自国政府に認定されているかはもちろん、実習生の送出人数、さらにはどのような職種・業種に送り出した実績があるかをチェックすることをおすすめします。

ポイント2リクルーティング

自国でどのような手段を使って候補生を集めているか、どのエリア・どの分野の人材確保に強いか、優秀な人材確保のためにどのような取り組みをしているかも重要なポイントです。

ポイント3面接方法

集まった候補生をどのように絞り込んでいるか、面接方法や選抜テストなどの手段・具体的な取り組み内容は確認すべきポイントといえます。

ポイント4教育方針

基本的な教育方針や日本語教育カリキュラムの立て方、日本の生活様式や文化、風習に対する指導方法は、送出機関の特長がもっとも表れやすいポイントといえます。

ポイント5アフターサポート

日本国内に拠点があり、日本人スタッフが対応しているかどうかはもちろん、入国後に起こる日常的なトラブル対処や実習生とのコミュニケーションに関するアドバイスなど、送出機関ならではのサポート体制も重要です。