静岡の外国人労働者数が過去最高5万人超え。6年連続増。

ニュース
NEWS

静岡労働局がまとめた静岡県の外国人雇用届出状況によると、2018年10月末時点の県内の外国人労働者数は前年同期比11%増の5万7,353人となり過去最高の人数となりました。外国人を雇用する事業所の数も6,869カ所と9%増え、6年連続で増加しました。都道府県別では東京、愛知などに次ぎ全国で6番目。
国別ではブラジル人が1万8,524人と最も多く、次いでフィリピンの1万1,401人、中国(香港等を含む)の7,232人でした。
事業所の業種別では製造業が36.2%を占め、卸売・小売業、宿泊業・飲食サービス業とつづきました。

(参考記事:日本経済新聞 2019年1月30日より)